AWS Configの初回セットアップの手順

Tips

Posted on Aug 18


こんにちは、Cloud Automator の柳瀬です。

2016年6月1日に機能追加されました、構成レビュー機能はバックグラウンドで AWS Config Rules を利用しています。
AWS Config は AWS のリソースインベントリ、設定履歴、設定変更通知を可能とするサービスで、AWS Config Rules はリソース設定を自動的にチェックする機能となります。FAQ にも記載しているように、構成レビュー機能を利用する前には AWS Config の初回セットアップが必要となりますので、今回はそちらの手順を解説したいと思います。

AWS Config Rules の初回セットアップ

  1. 初回セットアップが完了していない場合、AWS Config のコンソール画面にアクセスすると以下のように表示されますので、Get started をクリックします
  2. Resource types to record の設定ですが、構成レビュー機能ではIAMのようなグローバルリソースもレビュー対象となっておりますので、以下の画像のように Include global resources (e.g., AWS IAM resources) にチェックを入れます
  3. Amazon S3 bucket の設定ですが、すでに他のリージョンやログ用のバケットがある方はそちらを利用し、ない方は新しくバケットを作成します
  4. Amazon SNS topic の設定ですが、すでに通知用のトピックがある方はそちらを利用し、ない方は新しくトピックを作成します(実際に通知をする場合は別途 SNS トピックの設定が必要です)
  5. AWS Config role の設定ですが、すでに AWS Config で使用する IAM ロールがある方はそちらを利用し、ない方は新しくロールを作成します(ロールのポリシー設定は自動的に行われます)
  6. 最後に Save をクリックすると初回セットアップが完了します

まとめ

構成レビュー機能を利用するうえで必要となる AWS Config の初回セットアップ方法をまとめました。
是非、AWSの運用に構成レビューをご活用下さい!



Search

Tags

By year

  1. 2016 (30)
  2. 2015 (31)
  3. 2014 (42)