豊富なプロジェクトノウハウ から生まれた
AWS運用自動化の最適解

画面から簡単操作で運用を自動化。
約6,000のAWSプロジェクトを実施してきた、
サーバーワークスのノウハウをここに凝縮。

AWSの運用に必要なこと

AWS のコストメリットを活かし、
安全に利用するためには様々な運用の工夫が必要です。

開発環境の
コスト最適化

AWS はリソースを使った分だけ支払うという従量課金のメリットがある反面、適切なリソース管理を行わければ料金は際限なく膨れ上がります。
利用していない時間帯の開発環境を停止するなど、きちんとしたコストコントロールが必要です。

データの適切な
保護

本番環境の大切なデータを誤って削除してしまう可能性はゼロではありません。
万が一のミスオペレーションに備え、いつでもリストアできるようにしておく運用が必要です。

適切なサイジング
での運用

ピーク時に合わせたサイジングをした場合、リソース過剰となりシステムへの投資効率を下げる大きな要因となります。
適切にサイジングすることで最適なコストでの運用が可能となり、AWS などのクラウドを導入したメリットへ繋がります。

セキュリティ要件の
チェック

攻撃者からの攻撃だけでなく、メンテナンス作業での一時的な設定変更の戻し忘れの可能性もあります。
システム構築初期段階に決めたセキュリティレベルが維持されているか定期的なチェックが必要です。

これらの運用はすべて
Cloud Automatorが解決します

機能01

ジョブ自動化(AWSの運用自動化)

Amazon Web Services(AWS)の運⽤に⽋かせない様々なオペレーションを自動化します。

AWSは従量課金の料金体系を採用しているため、開発サーバーのような、⼟⽇・深夜に利用しない EC2 インスタンスでも起動している期間は利用料が発生します。
ジョブ自動化機能で、業務終了後に開発用途の EC2 インスタンスを自動で停止、業務開始前に自動で起動するジョブを作成するだけで 1/3 以上のコスト削減が期待できます。
また、操作ミスによるデータ障害は少なくありません。Cloud Automaotrは様々なAWSリソースに対応したバックアップアクションが用意されているので、お客様の大切なデータを確実に保護します。

機能02

構成レビュー(AWS構成の自動チェック)

お客様のAWSリソースが決められたルールにしたがって構成されているかレビューします。

構成レビューをご利用いただくと、「本番環境で許可する必要のないポートが許可されたままになっていた」というような構築・運用時のミスを早期発見できるので、システム構築初期段階に決めた設定・セキュリティレベルを維持することが可能です。

機能03

インベントリ(WorkSpacesの詳細情報の閲覧)

お客様のWorkSpaces詳細情報を一覧形式でご確認いただけます。

利用率が低い過剰リソースは、AWSマネジメントコントールだけでは把握しきれません。
インベントリ機能によって、お客様のWorkSpaces一覧情報の取得・分析が可能になるので、運用しているシステムに合った最適なサイジングを計画できます。

導入のご相談・お問い合わせはこちら
03-5579-8029
10:00〜19:00(土日祝は除く)
TOPへ