本文へジャンプ

ナビへジャンプ

コンテンツ

ジョブ自動化
(AWS運用自動化機能)

Amazon Web Services(AWS)の運⽤に⽋かせないバックアップ、インスタンスの起動 / 停⽌など、様々なオペレーションを⾃動化します。 また、RDSの起動 / 停止やEC2インスタンスのタイプ変更といった、AWSが標準で提供していない独⾃のアクションも多彩に取り揃えています。

※構成レビュー⾃動化機能は1ヵ⽉の無料トライアルに含まれません。

ジョブ自動化の活用例

Cloud Automatorのジョブ自動化機能を使うことにより、様々な運用を自動化することが可能です。 「運用負荷の軽減」「コスト削減」「他システムへの連携」の側面から、御社のビジネスをサポート致します。

活用例1

EBSボリュームのスナップショットを毎週取得する

時刻指定(毎週)トリガー»EC2: EBSスナップショットを作成

Cloud Automatorを利用すれば、EBSのスナップショットを定期的に取得することが可能。 また、最大で50世代まで取得することも可能で、『先々週の状態に戻す』等のご要望にも対応。

活用例2

業務時間外は開発用インスタンスを停止してコストを削減

曜日指定(毎日)トリガー»EC2: インスタンスを起動/停止

Cloud Automatorを利用すれば、業務開始時間/終了時間に自動的にEC2インスタンスを起動/停止することが可能。 これにより、開発サーバーなどを業務時間外に停止することで運用コストを3分の1以下に削減。

活用例3

AWS利用料金を最適化

SNSトリガー»EC2インスタンスを停止

BillingAlertから"SNSトリガー"を使ってインスタンスを制御する事により利用料金を最適化。
利用料金が青天井になることを防ぐことが可能。

活用例4

既存運用システムと連携

HTTP/SQSトリガー»すべてのアクション

RunBookAutomationツール、Zabbix等の既存の運用システムから"HTTPトリガー", "SQSトリガー"を利用してAWSのリソースを操作。
さらに、トリガーを数珠つなぎにする事により、複雑なシステム運用も自動化。

活用例5

ビッグデータ基盤の操作を自動化

HTTP/日時指定トリガー»Redshiftバックアップ/起動

クラウド型DWH、Redshiftを分析が必要な時間帯のみ稼働させることによりコストを最適化。
ビッグデータにかかるデータ管理コストを大幅に削減。

設定可能な実行条件と運用内容

実行条件(トリガー)と、運用内容(アクション)を画面で指定するだけで、簡単に運用を自動化できます。 また、ジョブ(設定した運用)を複数組み合わせて、連続したジョブの実行を行うことも可能です。

実行条件(トリガー)
  • タイマー指定
  • 即時実行
  • 日時指定 (一度だけ実行)
  • 時刻指定 (毎日定期実行)
  • 曜日指定 (毎週定期実行)
  • 日にち指定 (毎月定期実行)
  • その他
  • SQSメッセージ実行
  • SNSメッセージ実行
  • HTTPリクエスト実行
  • メール受信実行*

*今後対応予定

運用内容(アクション)
  • インスタンスの起動 / 停止
  • インスタンスタイプを変更
  • インスタンスのOS内でコマンドを実行
  • インスタンスをWindows Update
  • AMIを作成
  • EBSスナップショットを作成
  • EBSスナップショットをリージョン間でコピー
  • インスタンスをロードバランサー(ELB)に登録 / 解除
  • AMIをリージョン間でコピー
  • セキュリティグループにインバウンドルールの追加 / 削除
  • WorkSpaceを削除
  • DBスナップショットの作成 / 削除
  • DBスナップショットからリストア
  • DBスナップショットをリージョン間でコピー
  • DBクラスタを削除
  • DBクラスタスナップショットを作成
  • DBクラスタスナップショットからリストア
  • リソースレコードセットを更新
  • クラスターを削除
  • スナップショットからリストア
  • IAMユーザーにポリシーをアタッチ / デタッチ
  • EC2インスタンス情報を更新
  • EC2インスタンスを起動

ジョブ自動化の特徴

AWSの運用自動化サービスである「Cloud Automator」は、さまざまなジョブの自動化によって、 AWS運用の手間を軽減し、ミスのない、つまりはセキュアな運用を実行することが可能になります。 これにより、AWSを活用する場合のTCO削減・安定性の向上を実現し、企業のビジネスに貢献します。

  • 多彩なアクション

    EC2インスタンスの起動 / 停止やEBSボリュームのスナップショット作成、AMI作成といった基本的なアクションからRDS(MySQL,Aurora)の起動 / 停止やEC2インスタンスのタイプ変更といったAWSが標準で提供していない機能を提供する独⾃アクションまで、AWSの運⽤に役⽴つ多彩なアクションが揃っています。

  • AWSならではのタグ指定

    Cloud Automatorでは、AWSで付与したタグをそのまま活⽤することができます。
    「環境」タグに「本番」という値がついたインスタンスだけを対象にする、といった指定が簡単に実現できますので、クラウドらしい運⽤を素早く実現できます。

  • APIプログラミングの苦痛を解放

    AWSのAPIはリターンコードが200で返ってきても、その操作が成功するとは限りません(リターンコードは正常でも、操作が失敗していることもあるのです)。
    Cloud AutomatorはこうしたAPIコール後にもトラッキングを⾏い、「操作が正しく終了したかどうか」のチェックも⾏っています。Cloud Automatorを使うことで、こうしたAPIプログラミングの苦痛から解放されます。

導入のご相談・お問い合わせ

※構成レビュー⾃動化機能は1ヵ⽉の無料トライアルに含まれません。